teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(0)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


折り鶴

 投稿者:中山道男  投稿日:2013年 8月24日(土)16時53分46秒
返信・引用
  山代温泉のアートマーケットに出展しました。食べ物屋さんとクラフト系の人でした。

気温30℃を越える炎天下には氷モノが最適、茶碗、漆器、絵画、和紙屋etcは苦戦してます。
呼び込みなどは相手に応じて変えねばなりません。「お客さん!どこから来たんや?」
「アンタ、猫派か?犬派かい?」「これ売れとるぞ」と声かけて上手に売り上げを挙げてる人。
髭を生やし、男か女か判らぬサイケな出で立ちの画家が絵葉書を販売。後で判ったが東京芸大の出身。
その中で私が一番考えさせられたのが「手相見」です。4-50歳くらい、中々のイケメンです。
10分¥1,000とある、相談者は10分で終わる訳がない。長い人で1時間以上いた。、、ように感じた。
この人原価ゼロ。椅子と机。。。。
上手いのは相談者の両手を掴んんで目を見て話を聞く、悩みなど言い出し始めるとキリが無い。
相談するより、愚痴ってスッキリ? この頃マッサージが59分¥2,980の看板を見かける。
JALホテルで芸者さんを呼ぶと花代は1時間¥52,500。いろいろ考えさせられた一日でした。
疲労困憊でも打ち上げの会に出て人脈が少し広がりました。帰宅深夜1:30.

http://www.marutomo.biz

 
 

まだ現役です。

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年10月18日(木)00時18分2秒
返信・引用
  お陰様で体力がり、働かねばならぬ状況にあります。 明日には夜行バスで上京します。
目的はIFFTという見本市があり、まるともが出品してます。3日目の最終日に1日中、
接客して搬出作業があります。翌日、土曜日には代官山の蔦屋書店にて、日長売り場にて
自社の便箋類の説明のため接客してます。金曜日も土曜日も作務衣を着てモノ作り人の
いでたちで接客します。ちょっと気恥ずかしいのですが、「人は見た目が九割」と言います。
美しい錯覚?を期待してます。近くへお越しのときにはお顔出してください。

http://www.marutomo.biz

 

読売地方版に掲載されました。

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 9月14日(金)22時43分10秒
返信・引用
   三日前に読売新聞から電話がありました。購読のお願いかな?と思?ったら仕事の

ことを取材したいとのことでした。OKと返事したと?ころ、

「明日AM10時に来たいです」とのこと。

昨晩に数字や表現のチ?ェックがあり、

今朝の掲載となりました。早いこと速いこと、さすがです。?

見習わねばなりません。

新聞見ての受注が2件ありました。北國や中日ではないので、と侮?れません。

ありがたいことです。

http://www.marutomo.biz

 

個人情報保護 とは

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 6月22日(金)00時19分30秒
返信・引用
   18日にJR千葉駅前のそごう百貨店にあるロフトという店に商用で行ってきました。

写真にあるように「まるとも」の便箋や封筒類を売って貰えるようになりました。

ありがたいことで、売り場の責任者に状況を訊いてきました。

 さて、表題の「個人情報、、云々」で驚かされたことです。

自分の記録にと思って電車を降りて駅前で千葉駅の写真を撮りそごうに向かおうとしたとき、

「おい!オマエ何撮ったんだよ!」と腕をたぐられました。驚きました。

「そのデジカメをちょっと見せろ!」 両腕一面に刺青です。

「私は人を映したのではなくて、駅舎を撮ったんですヨ」、、、と私

「それを消せ!!」 夕方5時ですので雑踏の中です。人気(ヒトケ)が無ければ怖い場面です。

最近あまり使ってないカメラゆえ操作が判らずモタモタしました。気も動転してました。

そのアンチャン、「このボタンだろ!」と言ってカメラからその写真だけを消しました。

一瞬、2Gのメモリー全部消せと言われたら困るなー、と思いましたが、ホッと安心しました。

しかし、いい気分ではありません。

そのあと友人に話したら「そう、千葉にはその手の人が多いよ。今後、絶対に人に向けて

カメラを向けないように」「家族の写真でも他人が写る状況は危険だよ」、何か変です???

 個人情報とはキャッシュカードの暗証番号がばれてお金を盗られたのばかりと思ってました。

くわばら クワバラ です。

ハガキなど文面が丸見えです。同窓会の返信はがきの文面に写真のような貼るシールも売って

るのです。 変な時代だという前に今の時代を理解するのが穏当ですね。
 

こんなモノつくりました。

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 6月 4日(月)01時30分54秒
返信・引用
   私は数年前から墓参の折に取り付けてます。いいもんです。新盆と旧盆だけですが、

金沢地区だけの伝統的なものです。新風を吹き込んでみたいと思ってます。鶴は千羽鶴や

鶴の恩返し、佐々木貞子さんの折鶴の話は世界中で多くの国の教科書に載ってる話です。

平和を願う気持ちは鎮魂の意味もあり商品化できるはずだと信じてます。価格は800円を

想定してます。コンパクトです。沢山持ってあちこちの墓所に行くとき便利です。
 

儀式の写真

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 3月24日(土)00時21分35秒
返信・引用
  画像を自分で小さくできずに、頼んで小さくしました。  

蕎麦打ち写真

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 3月21日(水)00時28分40秒
返信・引用
  一枚目  

久しぶりに蕎麦打ち儀式をしました。

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 3月21日(水)00時27分23秒
返信・引用
   蕎麦打ちする時には、かなりの腹筋背筋が必要です。ひな壇の上でやるのは緊張があり、
一発勝負で、思いのほかしんどいものでした。18日駅前のホテル金沢で「日本ユーラシ
ア協会」の全国大会があり、私も会員ですのでシャンシャン総会と懇親パーティーに出るだけ
かと思ってたのが、何かの風の吹き回しでこんなことになりました。

 生間流儀の包丁裁きを模して、元合気道三段が神主風の出で立ちで技を披露しました。
マリンバとピアノの伴奏(即興)付でした。過去、津軽三味線や戸水君の尺八、パーカッション
とやったことがあります。

 見た人に前代未聞と言われた演技(比較がないからOK)をしました。当日の楽屋は
うすら寒く何度かリハーサルをやりましたが、いざステージの上ではスポットやら緊張
やらで汗だくだく、蕎麦の上にポタリポタリと汗が落ちました。蕎麦打ちは1㌔グラム
打ち、切りあがるまで30分弱かかります。それを15分で終えるよう要請がありました。
仕方なく一部分をカット、テレビのクッキングみたいなことをやりました。

 ただ、ひな壇の上の台の継ぎ目が私の膝の下にあり『膝行シッコウ』という膝で歩く所作
がメッチャ痛くて後で見たら赤くなり水ぶくれがありました。

 馳さんと岡田さんがいたそうですが、一番前に居た某市会議員が私の目の前で「声が小
さいぞ」「顔の横にマイクを持って行けや」等と茶々を入れて進行が狂いました。(笑)

 私の出番の前後には東茶屋街の芸妓による笛と鼓の演奏、若い?中年の芸者五人の
地唄舞、ピアノとマリンバの合奏、地元の某有名歌手の歌謡ショー、、etc
芸人の世界を垣間見た行事でした。

助手をしてくれたのは日本画家のSさんと私の女房です。二人とも不慣れでしたが、
終わった後にはホッとして大笑い!

立食のパーティー料理は食べれませんですが、若干のギャラと芝寿しの弁当がでたので
帰りしなに細やかな打ち上げしました。


面白い出来事でした。 写真を送ってもらいましたが、少しデータが大きくて後日に
 

単純な疑問

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 2月17日(金)01時40分5秒
返信・引用
  昨日と一昨日、新聞の死亡欄の人数が約2倍の誤差があります。不思議です。
満月のときには手術はしないという医師がいます。出生は満月が多いとか??
潮の満ち引きとも??
 

銭湯での

 投稿者:中山道男  投稿日:2012年 1月17日(火)23時36分17秒
返信・引用
  お正月も開けて間もないころでした。私は行きつけの銭湯で正月風呂。昼間から
お湯三昧で骨休みしてました。湯から上がって脱衣場に入ったら一人のオッサンが
興奮して大声でわめいてるのです。聞いてみると誰かが彼の衣服を盗んでいったと
か、、

 番台の超太めおばちゃんに「警察を呼んでくれ」と息巻いてます。そして「この
頃の人間は性が悪くて困るわいや、、」云々。「着るモンが無いがいや!!」ズボ
ンには財布やキャッシュカード類や現金が入ってるとのことです。誰かが「自分の
家に電話してお母チャンに衣服一式持って来て貰たらどいや」と言います。

 しかしこのおっさん「カーカは遠くの実家に帰っとって間に合わん」と言います。
体がだんだん寒くなり番台のおばちゃんに大きいバスタオルを二枚借りました。

一枚は月光仮面のマントのように端を首に巻きつけ、もう一枚はおババの腰巻みたい
に太い胴回りにフルチンの上から巻き付けてました。

 そして寒さと盗まれた悔しさで大声で愚痴ってました。そこにパトカーが来て
事情聴取です。

 「どこで?いつ?なんで?鍵付のBOXに入れなかったのか?被害額は?、、」
誰かが「アンタの携帯の番号に電話したらどいや。どっかで鳴るかもしれんぞ」
「自分の番号はよう覚えとらん」「カーチャンの携帯に電話して教えてもらえや」
「カーカの番号は知らん。カーカの実家の番号も知らん」。

 警察も困ります。このシーンを想像してみてください。私は自分の携帯のカメラ
で撮ろうかと思いました。しかし、愚弄するみたいで、やめました。

暫くして彼の携帯の番号が首尾よく判りました。そして掛けててみたら、何と別の
鍵の掛かった脱衣箱の中で携帯が鳴りだしたのです。

「何でワシの携帯がこの中鳴っとるんや」とオッサンは再び興奮。湯船の扉を開いて
「〇〇番の鍵もっとるモンは居らんか?」。そしたら脱衣場に居た八十歳ぐらいの
半分ボケの爺さんが「何でワシの脱衣箱の中で鳴っとるんがいや???」

 鍵を開けたら「これワシのと違ごうとるみたいや」誰かが「おい、爺さん!この
籠の中の着るもん、あんたのと違ごーがか?」 「アリャ、アリャ??」この爺
さんくだんのオッサンの脱いだものを自分のものと間違えて脱衣箱に入れて鍵して
ゆっくり湯船に浸かってました。

 警察も言葉は「よかったネー」と声を掛けてくれたが本音は??? 当然オカシ
ナ格好で騒いでいたのでオッサンの体が芯まで冷えてもう一度風呂に逆戻りました
が、その前に再び「アレッ、ワシの洗面道具が無いガイヤ!!」

 周りの人々もウンザリ。それは番台のすぐそばの椅子の足元に有りました。

 五十代のオッサンと八十代の爺さんの顛末、明日は我が身か?可笑しいやら
切ないやら。現役の仕事人である自分が仕事中にモノ探しに半分くらい費やし
てることを考えると、いわば鏡に映った別の自分を眺めてるみたいでした。
 

レンタル掲示板
/3