teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご卒業おめでとうございます。

 投稿者:小島良貴  投稿日:2010年 3月21日(日)22時17分23秒
   桜の花もちらほらとほころび始めておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 ご卒業なされる学生の皆様におかれましては誠におめでとうございます、とお祝いの言葉とこれから迎えられる新生活にエールの気持ちを送らせていただきます。

 とりわけ、私の親友もご卒業されて、嬉しい気持ちで一杯です。お忙しいにも関わらず、佐々木先生がホームページ更新をしてくださっていて、皆様の様子を写真で拝見出来て、非常に感激致しました。佐々木先生、いつもありがとうございます。

 今度仕事で大阪市内の大学の先生と会うのですが、どのようなご研究をなさってきたのか研究者データベースで閲覧したところ、私も山大にいた頃に山大にいらっしゃった先生でした。桜の花が咲く前に、懐かしき山大の話に少し花を咲かせようと思います。
 
 

お久しぶりでございます

 投稿者:太一朗  投稿日:2009年10月21日(水)21時34分9秒
  (新型)インフルエンザが学校で猛威をふるっておりますが、
いよいよ我がクラスも学級閉鎖まで至ってしまいました・・・

先週16日(金)に発熱で1人早退。翌日、検査でインフルエンザと確認。
今週19日(月)に発熱等で8人欠席・・・対応を協議。
翌日20日(火)昨日の発熱欠席者より、インフルエンザとの連絡が数件入り、
給食終了後の下校を決定、21日(水)から25日(日)までの学級閉鎖を連絡。
社会科見学も延期になるし、学習発表会の練習も進められないし・・・

インフルエンザの症状は、やっぱり人それぞれのようで、
発熱、激しい咳、鼻水ダラダラ、倦怠感など子ども達はしんどそうです。
 

理論の実践と臨床における実際の間

 投稿者:小島良貴  投稿日:2009年 5月 1日(金)15時54分4秒
  先生方、皆さん、こんにちは。お元気でいらっしゃいますか。方法学に美人の先生もいらしたようで、
懐かしい人間教育学コースの廊下の景色を瞼の奥に映してみました。

4月より、週に1日、公立中学校の夜間学級の補助講師(ボランティア)として採用していただきました。
いくつかの夜間学級を擁する学校に電話してみたら教員免許が無いとだめ、ということでしたが、
最後に電話をした学校の教頭先生が面接をしてくださるとおっしゃって下さって、採用してくださいました。

以下◎の文は生徒さんが書かれたものです。

◎学校へ来て 自分の名前が書けて 嬉しいです

◎ことし にゅうがくしてよかったです これからもがんばって
 かいらんばん よめるように なりたいです

◎わたしはべんきょうも ことばも さっぱりわからないで すごくくるしみ
 かなしみ しんぱいでした いま べんきょうしてすごく たのしくて
 うれしくてほんとうに わたしのたからものです

◎仕事をやっている私に、「学校行く時間やで!」と言ってくれる主人 ありがたく思う

◎夜間学級にはいれた はじめてハガキを書いた お返事は私の宝物

◎夜間学級に入ると言ったら孫がランドセルかってやろーかーと言ってみんなで
 大わらいをした

大阪市生野区。ここには数多くの在日韓国・朝鮮人の方々が暮らしている。大阪市立
東生野中学校は生徒数225人のの日本で最大の夜間学級です。大阪市が数億円と投じて
専用の校舎を擁しています。生徒の方々の平均年齢は66.5才でその95%が外国籍
(大韓民国,朝鮮民主主義御共和国,中華人民共和国)です。
http://www.ocec.ne.jp/jh/higasiikuno-jh/

山大に入るころ、私は「研究職志望」ということではじめから免許を取らないつもり
でした(ゼロ免で教育学を専攻できる大学ということで山大を志望)。
でも中退し、医療現場で働き、また学習塾でバイトをして考えは変わっていきました。

臨床を知らずに理論を語ることは出来ない・・・!

病棟でおじいちゃんが「さむい!さむい!」というので毛布を何枚もかけてあげて
看護師が様子をみてもどこにも異常はなく、医師に診てもらうことになりました。
医師の「どこが寒いの?」という問診に、

おじいちゃんは「心がさむい!」とおっしゃたのです。

これには私はうちのめされました。これは医学や看護学といった学問領域の問題ではなく、
私達人間教育学コースが取り扱うべき問題です。


この間、教育学部を中退して教員志望という私に先生が私に教壇に立たせて下さいました。
英語のアルファベットの練習です。WとはVが二つあるから「ダブルバーガー」とか
「ダブルーセブンっていう映画しってはりますか?」と私は黒板をいっぱいに使って
絵を描いたりしながら、また難しいrの発音をみなさんと何度も練習しました。

手と、スーツの襟元にチョークの粉が付いているのに気付いたとき、私は思わず泣き崩れ
そうになりました。中学を卒業してすぐ働いて、同年代の子が制服を来て学校に行くのを
うらやましく思った日々。なんとか23才で高校から山口大学へ入ったけれど、辞めて、
教育に携わりたかった私。そんなわたしの夢。
戦争や貧困で学校に行けず、仕事や子育てに追われてきた生徒さんたち。学校にいきたいと
長年思われてきた生徒さんたちの夢。

その二つが重なったように思えて。
 

新年度の始業式♪

 投稿者:太一朗  投稿日:2009年 4月 8日(水)05時31分44秒
  おはようございます。
みんなそれぞれに新しい場所で頑張っていますね。
大索君は異動?主任?頑張ろう♪

かくいう私も新年度は、5年生の担任となりました。
今までは3→4→1→5→6年と受け持って来て、
二度目の5年生担任となりました。
今回は、40人1クラスで、学年主任?です。

ヤンチャ系も多いですが、また楽しい一年の始まりです。
 

いろいろな…

 投稿者:tanaka  投稿日:2009年 4月 7日(火)17時23分44秒
  大索くん、こんにちは。

新しい園での日々はいかがでしょうか?
「ぼちぼち」やってみて、
それでも納得がいかない場合は、
他の先生たちとしっかり話し合うしかないでしょうね。

がんばれ、主任!!
 

園内研修(ピラミッドメソッド)

 投稿者:daiaku  投稿日:2009年 3月29日(日)16時34分42秒
  皆さん、お久しぶりです。 4月で就職5年目になります。 中村大索です。
先日、教社ゼミ通信が届きました~。 4年生ありがとう。 そして、卒業おめでとうございます。

さて、来年度転勤が決まり、ちょっと不安な中、昨日園内研修がありました。
ピラミッドメソッドというもので、大阪(?)から講師の先生に来て頂きました。
講義、ワークショップ、おもちゃ、、、なるほどと思うこともあるものの、疑問も山ほどできました。

来年度、うちの幼稚園で取り込んでいくということなので、講師の先生に質問に伺うと、「すぐわかるものじゃないから、ぼちぼちやっていこう」という返答。

子どもらしさのないところもいっぱい感じられたのに、年配の先生は「なるほど」という先生が多くて、僕が頭で考えすぎなのでしょうか??
基本的に頭でっかちなタイプなので…(笑)

でも、納得いかなくてもやっていかないといけないんだろうなぁ。
もやもやいっぱいの1日でした。
 

選抜制度と個人

 投稿者:小島良貴  投稿日:2009年 2月15日(日)02時21分28秒
編集済
  いよいよ受験の時期になり、先日は私立高校の合格発表がありました。

入塾したときには中学3年生で九九もおぼつかなくて、分数の加減も出来無かった子を担当していたのですが、その子が

「先生この封筒の中見てや。でも塾長にも誰にも中身(結果のこと)ゆったらあかんで」

と言いながら高校からの通知が入った、しわくちゃで雨に濡れたの封筒を私に渡してくれたので、もしかしてだめだったのかも・・と思いながら覚悟して中身を見ると「合格」と書かれていたので、それを自分に一番に見せてくれたのかと思うと、なんだか思わず泣いてしまいました。

試験に受かったとか、そういうことよりも、「よい知らせ」を伝えて、「喜ばせてあげよう」という彼の心がうれしかったのです。最近、勉強を教えていればいるほど(とりわけ教育産業という部門においてサービスとして)、いわゆるお勉強などというのは取り立てて人間に必要なものではなく、それよりも求められるのは健康な精神と身体なのだなあ、と思い知らされます。

それでも彼らは明確な意思があるわけでも無く、「みんな行くから」という理由で後期中等教育へ進んでいく(トラッキング現象)。それがさまざまな理由(学習障害、家族病理等)で学力の低い子どもたちの自尊心を傷つけているのをみていると、中等教育のあり方について果たして?と考えてしまいます。

「人間は本が読めるだけであってはならない」(クルプスカヤ)
 

こんばんは

 投稿者:sasaki  投稿日:2008年12月22日(月)19時04分11秒
  みなさんお元気でしょうか。大学の冬休みはたしか25日からですが、今日ぐらいから冬休みに近い感じになってきました。

はやいなあ、一年が経つのは・・・。では。
 

2学期のもうすぐ終わり。

 投稿者:太一朗  投稿日:2008年12月20日(土)18時21分52秒
  今年もあと10日ですね。
成績処理も終わり、しんみりしてしまう今日この頃です。

大学の方はもう冬休みでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:y.じゅん子  投稿日:2008年10月31日(金)23時13分42秒
編集済
  お久しぶりです。
めっきり冷え込んできましたね~~。皆さん風邪など引かれていませんか?

今日、私の母校である高校の公開授業を見に行ってきました。
スーパーティーチャーと呼ばれる先生の英語授業です。
佐々木先生が卒論発表会のあとに、同級生がいるとおっしゃっていましたが、
この先生ではないでしょうか??

もう、、、すばらしかったです><
同じ高校で私も授業を受けていましたが、こんな授業が受けたかった・・・
そう思いました。

ユーモアあふれる授業で、テンポがよく、授業目標がはっきりしていて、
生徒もそれをちゃんと意識していたよう。
高校の授業はすぐ眠くなるものですが、活動1つ5分と区切られていて、
眠るヒマもありません。
生徒のスピーキング力にも圧倒されました。

ついでに、母校ですので、知っている先生と3人会えて、うれしかったです♪

話は変わって、今、私は、「批判的に物事を見る眼を養う」ことが
自分には必要だと感じています。
院の授業で先生がよく、批判的な感想をもつようにする、素直に読むのではなく、批判的に読むことが大切だ、大学ではそういった力をどれだけつけられるかが大事なんだ、とおっしゃいます。

私の論文の読み方はいつも「はぁ、そうですか、新しく知りました。すごいですね」なので・・・・・・

思考力を鍛えるといいますか、
物事を深く考えて、違った視点から捉える訓練にもなりますよね。
視野の狭い私なので、必要な力です。

批判的になるぞ~~~~!!!!!
人にケチつける、といった意味ではなく(笑)

あと、やっと最近、院の指導教官に心が開けるようになりました(笑)
こわいよ、こわいよ、と思って近づいていませんでしたが、1回近づいてみると
あっという間です。
教師は、生徒のロールモデルになることが大事だとよくおっしゃっていますが、
まさに、その指導教官が英語教師としての、
私の遠い遠い(レベルが違いすぎるので)ロールモデルと
仰いで、がんばっていきたいと思います。
 

レンタル掲示板
/10