teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:16/1643 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今日は予定通り倉敷マスカット補助球場で3試合観戦して来たカメ大王

 投稿者:カメ大王  投稿日:2017年 9月 9日(土)19時03分5秒
  通報 返信・引用
  皆様こんばんわ
今日は予定通り今秋の岡山大会の地区予選を、倉敷マスカット補助球場にて、3試合観戦することが出来ました!!☆☆

>第1試合では
平成3年11月生まれである私の現職の後輩に速報しながら、興譲館高校を応援しました
今日の興譲館は、エースが先発で、2番手は背番号・6による無失点勝利でした
追加点はホームランでした!!

>興譲館の選手は
試合前も試合後も審判団にも一礼するというカッコ良い選手が見受けられました!!
高校野球の試合前後の整列時にて、カッコ良い選手を現地観戦出来るのは、素直にうれしいです!!☆☆

>第2試合では
水島工VS倉敷商による倉敷市内の岡山県立商工高校対決でした
私は旧国道2号線沿いのマクドナルドの店内にて、昼食を挟んで野球場に戻ると、倉敷商が初回の表にて、9点を先制した後でした!!

>で、私は
当初の予定通り倉敷商を応援しました!!
私より23歳年上の現職の後輩に速報しながら応援しました!!
結局、16-0の無失点勝利+5回コールドにおける勝利でした!!☆☆

>倉敷商には
今秋の岡山の県大会進出おめでとう
今年の秋の岡山の県大会でも勝利を目指して頑張れ
と声をかけました
それから倉敷商の野球部には、試合後の整列時にて、カッコ良い選手が復活したのも、素直にうれしかったです!!☆☆

>水島工には
16点差で無失点敗北したのを、カテに歯を食い縛って、これからも公式戦における勝利を目指して頑張れと声を試合後にかけました!!
正直、水島工は1977年の夏にて、初出場を遂げたので、このまま甲子園再出場が達成出来ないまま終わって欲しくないです!!

>第3試合では
笠岡工VS金光学園で、当初の予定通り笠岡工を応援しました
ちなみに初めて試合が動いた時は、ノーアウト一、三塁にて、一塁ランナーは盗塁失敗
それから内野ゴロで三塁ランナーをタッチアウトで、ツーアウト二塁までこぎつけました

>それなのに
その直後はライトスタンドへの先制ツーランを打ち込まれました!!
それでも6回は2点ビハインドにて、ワンアウト満塁にて、笠岡工の4番がセンターの手前にギリギリ落ちる同点タイムリーで仕事をこなしたのは、すごく大きかったです!!
この時、私は笠岡工の4番に対して、仕事をこなせと何回もゲキを飛ばす応援をしたカイがありました!!

>しかし延長10回では
ワンアウト二塁の場面で、ラストバッターには、右中間へのサヨナラツーベースを打たれました!!
それでも私が着席している位置から上段の観客からは、笠岡工に対して「良くやった!!☆☆」と健闘をたたえる声が聞こえました

>とはいえ
笠岡工はこれで悔しさがかき消されてしまっては、本当にもったいないですよ
私は笠岡工に、今年の秋の大会では、絶対に岡山の県大会に出場しろよと声をかけましたから

>で、金光学園には
今秋の岡山の県大会進出を決めたので、今秋の岡山の県大会でも勝利を目指して頑張れと、野球部に伝えるよう、金光学園の職員に電話しました!!

>その一方で笠岡工が甲子園初出場を実現させるためには
今年のチームは、ピッチャーの頭数が少なくとも3人いるのは、大きいです
とはいえ、特にエースには、リリーフも先発もこなせるようにすると、より初出場が近づきますよ

>というワケで、特に笠岡工のエースは
毎年毎年先発はむろん、リリーフもこなせるピッチャーに仕上がるよう、指導者と関係者の皆様は、そのような育成を頑張って欲しいですね

>その一方で神奈川県の高校野球では
3回戦にて、監督がより長く投球練習させているピッチャーじゃなくて、投球練習させ始めたばっかりのピッチャーを、2番手のマウンドに上げて、逆転負けという間抜けな采配をした監督がいました!!
これは本当にもったいない継投ですよ

>ちなみに3人以上ピッチャーがいる野球のチームは
普通に考えてより長く投球練習させているピッチャーを、2番手のマウンドに上げるのが、定石にして一般常識のはずなんですが…

>ちなみに今度の高校野球観戦は
来週の土曜の東広島アクアスタジアムの第1試合です
さらにその次は、香川県営球場にて、2,3試合観戦しながら応援プランです
応援するチームは第1試合だと、大手前高松
第2試合は、私の現職の後輩社員の出身校である津田高校です!!

>とはいえ当日墓参りが入ると
墓参りを優先します
暑さ寒さも彼岸までと言いますから

>で、最後に
来年のセンバツ出場に向けての、道のりが完全に断ち切られたチームも、まだ可能性があるチームも、公式戦における勝利を目指して頑張って欲しいです
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/1643 《前のページ | 次のページ》
/1643