teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 情報を提供させていただきます

 投稿者:新潟の読者  投稿日:2017年12月28日(木)17時47分59秒
返信・引用
  こんにちは。

ああ、素晴らしい(いつもながら)。

当時の新聞を調査できないことをいつも歯がゆく思っています。

私からも深く感謝いたします。

高野連史記載のデータは正確に願いたい。そうでないと当方が恥をかくから…というのが偽らざる気持ちです。

ちなみに大分県高野連史の大会ごとの概説はほぼ当時の地元紙記事の丸写しです。いいのか?
 
 

Re: 情報を提供させていただきます

 投稿者:管理人 池田くん  投稿日:2017年12月28日(木)17時06分24秒
返信・引用
  みなさん。こんばんは。新潟の読者さん。こんばんは。先日新潟の読者さんに情報提供いただきました

山中正竹投手(佐伯鶴城)の春季大分県予選での奪三振記録ですが、

弘田氏の再調査により更に情報をいただきました。


[佐伯鶴城(大分・8回目)は左腕山中が好調、 予選五試合で37回投げ奪三振67で無失点だ。]
■西日本新聞昭和40年5月1日付などより

[1回戦 佐伯鶴城12-0中津北 (5回コールドゲーム)
[投]中山、池田―[捕]岩崎
注目の佐伯鶴城山中投手は 二回投げて4三振を奪う 見事なピッチングを見せた。]
■毎日新聞 大分版(2)昭和40年(1965年)3月21日付より

[2回戦 佐伯鶴城7-0中津南(8回コールドゲーム)
[投]中山、池田―[捕]岩崎
山中(鶴城)14三振を奪う]
■大分合同新聞昭和40年3月23日付より

[準々決勝 佐伯鶴城2-0臼杵商(9回)
[投]山中―[捕]岩崎
山中、21三振を奪う]
■大分合同新聞昭和40年3月25日付より

[準決勝 佐伯鶴城1-0高田(延長11回)
[投]山中―[捕]岩崎
▽三振高15 鶴16▽四球高1鶴1▽失策高田1]
■毎日新聞 大分版(2)昭和40年(1965年)3月27日付より

[決勝 佐伯鶴城4-0中津東(9回)
[投]山中―[捕]岩崎
山中投手の左腕が相変わらずさえ、中津東打線は13三振を奪われて沈黙]
■毎日新聞 大分版(2)」昭和40年(1965年)3月28日付より

中津北・・・ 4K・・・ 2回
中津南・・・14K・・・ 6回〈X=37-(2+9+11+9)〉
臼杵商・・・21K・・・ 9回
高田・・・・・15K・・・11回
中津東・・・13K・・・ 9回
予選計・・・67K・・・37回

・・県予選での1試合ごとの奪三振数の合計と予選5試合の奪三振数が一致しているため計67奪三振、

地区大会も含めた合計を65回93奪三振とさせていただきました。

情報提供してくださった新潟の読者さん、弘田氏に感謝です\(^_^)/
 

Re: 鍛治舎監督は

 投稿者:管理人 池田くん  投稿日:2017年12月26日(火)18時36分46秒
返信・引用
  みなさん。こんばんは。カメ大王さんこんばんは。
>鍛治舎監督が県岐阜商の監督に就任することを知りました

九州の強豪私学が水面下で交渉していると思っていたので公立校の就任には驚きました。県岐阜商はこの10年間でも

09年夏甲子園ベスト4、13年、15年選抜ベスト8でプロでもソフトバンクドラフト1位高橋投手を輩出するなど

戦前から活躍し続けているチームです。阪口監督(元東邦)の大垣日大や、田所監督(元福知山成美)の

岐阜第一など対決したら盛り上がるでしょうね。
 

鍛治舎監督は

 投稿者:カメ大王  投稿日:2017年12月25日(月)21時37分49秒
返信・引用
  皆様こんばんは
今日はasahi.comのニュースで、鍛治舎監督が県岐阜商の監督に就任することを知りました
鍛治舎監督が2校目の甲子園出場を決める時も楽しみですね

>で、21世紀枠も
9地区代表の推薦が決まりました
どこのチームも選出が決まった時のことを、想定しながら備えて欲しいですね
 

Re: 情報を提供させていただきます

 投稿者:管理人 池田くん  投稿日:2017年12月25日(月)17時45分54秒
返信・引用 編集済
  > No.1739[元記事へ]

みなさん。こんばんは。新潟の読者さん奪三振情報ありがとうございます。山中正竹投手は法大時代に

現在も破られていない東京六大学通算48勝の記録を打ち立て野球殿堂入り。大投手の記録を新規追加する

ことができました!浜口政信投手はプロ・サンケイに進んだ投手ですね。wikipedia

によれば高校時代は豊永隆盛投手(八代第一)、牧憲二郎投手(高鍋)と並んで、九州の三羽ガラス

と呼ばれていたそうです。

また67年春22奪三振の河原明投手(大分商)は、確かこの年のドラフト前の毎日新聞の記事に記録の話が

載っていましたが(部屋に新聞のコピーが山積みになっていて未確認)、地区予選かまたは

違う大会での記録かもしれません。
 

また訂正させていただきます。

 投稿者:新潟の読者  投稿日:2017年12月25日(月)06時52分23秒
返信・引用
  ひとつ↓欄に中山とあるのは山中が正当です。うっかりミスでした。  

訂正させていただきます。

 投稿者:新潟の読者  投稿日:2017年12月25日(月)06時44分23秒
返信・引用
  ふたつ下の中山正竹投手の記録で+?kを削除願います。

奪三振数は確定しているのを勘違いしました。
 

ちょっと聞いてんか

 投稿者:新潟の読者  投稿日:2017年12月25日(月)06時38分26秒
返信・引用
  こんにちは。

春の地方大会連続奪三振欄の大分商-大分高専は、大分県高野連史によると対戦していません。

それとは別に春季リーグ戦中央大会という公式戦がありますが、そこでも対戦していません。

ただし、地区予選は非掲載なので、そこで対戦している可能性はあります。
 

情報を提供させていただきます

 投稿者:新潟の読者  投稿日:2017年12月25日(月)06時32分39秒
返信・引用
  ◎春の地方大会 奪三振記録

〇1試合奪三振記録

21K 1965昭40 大分準々決勝 山中 正竹 佐伯鶴城2-0臼杵商

〇通算奪三振

95+?K(57+?回) 1965昭40 大分1回戦~九州決勝 山中 正竹 佐伯鶴城

中津北(5回コールド・継投)
中津南(8回コールド・継投)
臼杵商 21K 9回
高田 14K 11回(延長11回)
中津東 13K 9回
県予選69K

高鍋8K 9回
鹿児島玉竜 12K 10回(延長10回)
小倉 6K 9回

◎夏の地方大会奪三振記録
〇1試合奪三振

22K 1965昭40 大分2回戦 浜口 政信 別府鶴見丘5-3中津南


 

Re: 東海地区の選抜選考基準

 投稿者:管理人 池田くん  投稿日:2017年12月11日(月)17時45分50秒
返信・引用
  > No.1737[元記事へ]

みなさん。こんばんは。東海地区住民さんこんばんは。東海地区の選抜選考基準面白いですね。優勝校対戦チームが

十連勝ということがあったのは意外でした。来春選抜東海地区の3校目候補の準決勝敗退の三重、中京学院大中京は

2010年選抜3校目の最終候補でも争ったチーム同士で得失点差で見る限りは今回も予想が難しいです。得失点差

で判断すれば三重が1ポイントリード、秋季大会での与四死球では三重有利、失策数では中京学院大中京が有利で

総合すると三重がリードしているというかんじです。

2004年に海星が落選したのはどうも不可解だったのですが「82年基準」で考えると妥当な選考だったようですね。
 

レンタル掲示板
/171