teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 1949年の春季奈良大会について

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月 7日(日)20時55分23秒
返信・引用
  みなさん。こんばんは。記録大好きさんこんばんは。

改めて参考資料の「球人 奈良県高等学校野球史 1979」を確認しました。春季県大会1949年

(昭和24年)の該当箇所349P右側、350P左側で乱丁が発生していました。349Pの左側

にリーグ戦の試合結果が掲載されているので、こちらを作成して載せました。ありがとうございました。

奈良県 春の予選 1949年(昭24年)
http://koushien.s100.xrea.com/haru7/nara/49.htm
 
 

1949年の春季奈良大会について

 投稿者:記録大好き  投稿日:2019年 4月 7日(日)19時19分37秒
返信・引用
  いつも、拝見させていただいています、すごいですね。

1949年春季大会の奈良県大会の試合の学校が当時の学校ではないような気がして
調べたところ、1965年の夏予選の2回戦の4試合と同じものでした。
訂正のほどよろしくお願いいたします。

 

Re: 今日はおかやま山陽野球場で2試合現地観戦し

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月 7日(日)19時09分36秒
返信・引用
  みなさん。こんばんは。カメ大王さんこんばんは。岡山の高校野球観戦お疲れ様です。

>広陵高校VS東邦高校が今年のセンバツで3回目の対決が実現したので、複数回対戦の仲間入り

記録定期更新は1週間ほどかけてやるので楽しみにしておいてください。

高校日本代表候補の紅白戦で大船渡の佐々木投手が高校最速となる163キロという驚愕の記録を

たたき出しました。高校日本代表候補の強打者6人を連続奪三振に斬るという末恐ろしい投手ですね。

今後の活躍が楽しみです!

自分も5日に福岡県大会準決勝を観戦してきました。

西日本短大付のプロ注目遊撃手・近藤選手のファインプレー
https://twitter.com/5589nishinihon/status/1114105308710707202

三遊間の黒土と芝の境界深いところから遠投見事でした。

プレート三塁側からストレートとあまり球速の変わらない変化球を低めに集め強打の西短打線

をわずか5安打1点におさえた博多工の左腕・田代投手、最速142キロ、打撃も追加点と

なる長打を打った真颯館の松尾堅選手など良い選手をいっぱい見ることができました。
 

今日はおかやま山陽野球場で2試合現地観戦し

 投稿者:カメ大王  投稿日:2019年 4月 6日(土)14時36分28秒
返信・引用 編集済
  皆様こんにちは
今日はおかやま山陽野球場で2試合現地観戦帰りに投稿するカメ大王です

>おかやま山陽高校は
初回はタイムリーシングルヒットに満塁の場面でランナーを一掃するタイムリースリーベースの先制パンチが大きく物を言いました

>その後おかやま山陽高校は
ノーアウト一塁の場面でエンタイトルツーベースもあり、タイムリーとセンターへの犠牲フライで追加点を奪いました

>ちなみにおかやま山陽高校の得点源は
ほとんどがタイムリーシングルヒットでしたね
満塁の場面でもライト前2点タイムリーで、一塁ランナーが三塁に滑り込む好走塁もありました!!☆☆♪

>倉敷高校は
初めてのランナーがショートの打球の捕球がおぼつかずエラーでした
その後はヒットも2本以上放ちましたが、結局12-0で5回コールドとなりました

>倉敷古城池は
私が初めての一般のスタンドで観た時はタイムリーで8点目のホームインが決まるところでした
その後は吉備高原のエースが立ち直り、ランナーを出しても無得点に抑えられ続けました

>そんな中でも
倉敷古城池の投手陣も吉備高原打線に切れ目を補われることもありながらフライアウトが多く無失点に抑え続けてくれました!!☆☆♪

>で、今度の現地観戦は
弟の日曜出勤に合わせて、11時台に昼食を取ってそっから倉敷マスカット補助では試合が無いので、またエイコンスタジアムに行って、勝利を遂げている津山高校に拍手を送る予定です

>おかやま山陽野球場で公式戦に臨んだチームは
倉敷高校と吉備高原にカッコ良い選手がいました!!☆☆♪
あとおかやま山陽高校の野球部の選手も自分からあいさつをしてくれたことはうれしかったです!!☆☆♪

>最後にこのサイトの更新を
広陵高校VS東邦高校が今年のセンバツで3回目の対決が実現したので、複数回対戦の仲間入り
ノーヒットノーランも岡山南の先発の土井投手がフォアボール1個
また2番手の万代投手が2奪三振
それからノーエラーの追記
それと習志野高校と明豊は甲子園にて通算7本以上のホームランを今年のセンバツで達成したはずなので、更新される時を気長に待っています
 

Re: 00年代と10年代の高校野球

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月 5日(金)18時00分10秒
返信・引用
  みなさん。こんばんは。khiroさんこんばんは。

>10年代は強豪と中堅の差が大きく、中堅と弱小の差が小さい時代

これは自分も思います。今大会は愛知の東邦の優勝でしたが、夏の甲子園は2010年代は興南の春夏連覇から

はじまって2011年から日大三、大阪桐蔭、前橋育英、大阪桐蔭、東海大相模、作新学院、

花咲徳栄、大阪桐蔭が優勝で、2010年代は関東の強豪VS近畿の強豪(というより大阪桐蔭)という構図に

なっています。大阪桐蔭の今年の新入部員は今年卒業した選手たちに匹敵する錚々たるメンバー

とのことですね。今後もおそらくそういう傾向が続くでしょうね。
 

00年代と10年代の高校野球

 投稿者:khiro  投稿日:2019年 4月 4日(木)12時00分59秒
返信・引用
  皆さんこんにちは

平成最後の甲子園が終わり、次は令和最初の甲子園となりますが、2010年代の甲子園は今年の夏が最後になります。
そこで自分は00年代と10年代の甲子園の勢力図について考えてみたのですが、00年代は強豪と中堅の差が小さく、中堅と弱小の差が大きい時代、10年代は強豪と中堅の差が大きく、中堅と弱小の差が小さい時代だと分析しています。

中堅と弱小の差が大きかった00年代は弱小校が勝てる学校が少なく、その結果秋田県勢の夏の甲子園13連敗、三重県勢の10連敗、盛岡大付属高校の甲子園9連敗という結果を生みました。
一方で強豪と中堅の差が小さかったため優勝校は毎年入れ替わり、00年代は東北と北信越以外すべての地区が優勝を経験しました。北海道勢や長崎県勢の初優勝、ギリギリ90年代や10年代に入ってますが沖縄県勢の優勝がありました。

10年代は中堅と弱小の差が小さくなった結果、弱小校でも勝てる学校が増えて、秋田や盛岡大付のように大型連敗する県や学校はなくなりました。
現在の最長の夏の甲子園の連敗は島根の6連敗となっています。
一方強豪と中堅の差が大きいため番狂わせが少なくなり、震災以降の優勝は敦賀気比と今大会の東邦以外、関東と近畿が独占しています。
特に大阪桐蔭は12春・12夏・14夏・17春・18春・18夏と10年代だけで6度の優勝。強豪と中堅の差が小さかった00年代に春夏通算6回も優勝した学校はありません。
 

Re: 激闘の記録と栄光の記憶

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月 3日(水)20時07分27秒
返信・引用 編集済
  みなさん。こんばんは。khiroさんこんばんは。

ぼくは「激闘の記録と栄光の記憶」の藤村さんとは10年ぐらい前にメールで新年のあいさつをして以来

話はしていないです。ただ激闘掲示板内のコメントで自分のサイトを高く評価してもらってうれしかったです。

死亡説は見ましたけど・・元気だと良いですね。
 

第91回選抜甲子園は東邦が優勝!

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月 3日(水)19時46分29秒
返信・引用 編集済
  みなさん。こんばんは。カメ大王さんこんばんは。観戦お疲れさまです。岡山理大付VS柳井学園とは好カードですね。

柳井学園は2011年の夏の甲子園出場以降は山口県内で上位進出の常連で、昨秋も県ベスト4の成績でした。

第91回選抜甲子園は東邦の優勝で幕を閉じました。東邦は選抜単独最多となる5回目の優勝になります。

二刀流のプロ注目・石川選手が決勝では2発+完封の大活躍でした。東邦のみなさんおめでとうございます!敗れた

習志野はさほど前評判は高くなかったですが、バットを短く持って大会屈指の星稜・奥川投手から3点、準決勝での

ディレードスチール成功など接戦での強さが際立っていました。

愛知が大阪に並んで選抜11回優勝でランキング1位!
http://koushien.s100.xrea.com/part3/ranking.htm
 

激闘の記録と栄光の記憶

 投稿者:khiro  投稿日:2019年 4月 3日(水)10時47分2秒
返信・引用
  皆さんこんにちは

昨夏も話しましたが、「激闘の記録と栄光の記憶」の管理人さんは今どうしてると思いますか?5ちゃんねるでは死亡説が出てますが
2015年までは「今大会はこの試合が世紀の逆転劇で、この試合が激闘延長戦に追加かな?」と試合を見ながら大会後の更新を楽しみにしてたのですが、それがなくなったのは寂しいところです。
 

今日はエイコンスタジアムと練習試合を初観戦して

 投稿者:カメ大王  投稿日:2019年 4月 2日(火)22時08分24秒
返信・引用 編集済
  皆様こんばんは
今日はエイコンスタジアムの県北地区予選
それから岡山理大付グラウンドの練習試合のダブル観戦帰りに投稿するカメ大王です

>地区予選は
私はエイコンスタジアムの応援スタンドにて、野球部の顧問の先生と約束通り拍手はむろん応援も繰り出しました!!♪

>いざ試合が始まると
初回の表の1番はラッキーなセンター前ヒットでした!!☆☆♪
盗塁を挟んで2番は送りバントを決めてくれました!!☆☆♪

>初回の表の林野の3番は
見事に先制タイムリーを放ってくれました
しかし2点目のホームは遠かったです

>初回の裏の津山東の攻撃は
先頭をフォアボールにピッチャーからの牽制悪送球でチャンスメイクされました
それでも無失点に凌いでくれました

>この試合先制点を林野が奪ってから
初めて試合が動くとジワジワ引き離して行きました
1番は第2打席こそ2打席連続で好結果にはなりませんでしたが、押し出しのフォアボールに犠牲フライで、打線では1番大車輪な活躍でした!!☆☆♪

>次なるラッキーバッターは
3番ですね
第3打席以降は覚えていませんが、第1打席では圧巻の先制タイムリーでした

>で、林野打線は
6回まで得点を奪っても、1点ずつでした
それが2点タイムリースリーベースに1番の犠牲フライが試合を完全に決定付けました

>津山東は
結局、フォアボールをこの試合何個もらっても完封されました
それでも試合後は「また強くなるよう歯を食い縛りながら練習して公式戦における勝利を目指して頑張れ
」と声をかけました

>津山東は
強い時は夏の岡山大会にて岡山操山が相手とはいえども11-1でコールド(勝ち)しました
それ以上にインパクトが強かったのは、ランニングホームランを放った選手までいたことなのです
その津山東でも甲子園には未だに手が届かないのも、甲子園や甲子園における勝利・優勝を狙っている高校野球の厳難さを感じますね(汗)

>岡山の今日の公式戦が終わると
カーラジオ観戦などしながら、中島ブロイラーで、串を1本買い食いしました
肉も皮もやっぱり食べるとクセになりますね!!☆☆♪

>センバツの準決勝の第1試合は
習志野サイドにカーラジオ観戦すると、習志野高校がセンバツでは初となる決勝進出を遂げてくれました!!☆☆♪

>岡山理大付グラウンドを下見しようとすると
柳井学園(山口県)のバスが着ていました
学校に電話すると練習試合をしていることがわかりました

>練習試合は
5回の柳井学園の攻撃で、3点を先制され尚も攻撃中だったところから岡山理大付ビイキに拍手を送り始めます
ちなみにここは尚もピンチを凌いでくれました


>6回の表の岡山理大付の攻撃は
初めて適時シングルタイムリーで、2点を返すことに成功しました

>7回は
先頭がスリーベース
ツーアウトになると2本目の同点タイムリースリーベースで追い付きました
しかし岡山理大付の攻撃の機能もここまででしたが

>8回の裏
ツーベースの後、フォアボールが2つでした
そしてウイニングショットがウイニングゴールにつながるタイムリースリーベースを放たれました

>柳井学園は私が現地観戦すると
初めての初タイムリースリーベースでした
その裏はノーアウト満塁も、空振り三振連発
ラストバッターは代打でベンチはタイムリーを期待しましたが、センターフライでゲームセットになりました

>明日は
児島まで行ってから倉敷南に拍手を送る予定でした
しかしセンバツの決勝と重なります
ですから明日は家でセンバツの決勝中継を現地観戦する予定なのがマンマンなのです

>センバツの準決勝の第2試合は
私の期待通り東邦高校が決勝進出を遂げてくれました!!☆☆♪
習志野高校と共に決勝進出で何重もの喜びです!!☆☆♪
でも明日の決勝は東邦高校の優勝を願いたいですね!!☆☆♪
とはいえ今年の春休みの甲子園における王者は、今年の秋の大会までは甲子園に連続出場を前にして負けないで欲しいですね

>何より甲子園のリードは
夏の都道府県大会の決勝もそうですが、リードは早い者勝ちとは限りません!!(厳)
いくら遅くなってもリードは奪った者勝ちなのです!!☆☆♪
特にトーナメントでは同じ日にたった1試合しかない決勝戦はリードを奪った者勝ちと物語らせるように甲子園における優勝。いわゆる全国制覇目指して頑張って欲しいです
そもそも甲子園の決勝に臨むのに、全国制覇を目指さないのは本当にもったいないので

>リードは早い者勝ちとは限らず、奪った者勝ちと口にしたのは
昨夏の香川大会の決勝直前ですね
高松高校はリードが早い者勝ちでしたが、丸亀城西は私が今まで以上に派手な応援を繰り広げると、奪い返した者勝ちでした!!☆☆♪

>2回戦までにおける甲子園の試合は
特に龍谷大平安はランナーが二塁にはいる場面にて、外野へのシングルヒットを打たれると、必ず内野手にカットしてバッターランナーのニューチャンスメイクを阻止っていました!!
事細かい理由は平安サイドにしかわかりませんが、外野前適時打で、送球間にバッターランナーにニューチャンスメイクを阻止る意図を強く感じました

>それなのに他校の試合では
カードやチーム名は忘れましたが、甲子園の生中継ではランナー二塁の場面にて、外野前打を放つとバッターランナーのニューチャンスメイク阻止シフトの送球が今まで以上に際立つようになりました

>とはいえ
そんな中でもバックホームすると、二塁ランナーにはタイムリーホームイン。ついでにバッターランナーは案の定ニューチャンスメイクされるという本末転倒なワンプレーもありました

>岡山白陵は
どう転んでもヒットになる打球もあった中、その岡山白陵でも岡山南打線のバッターが放った打球を捕れそうなパターンは3,4個は見受けられました

>もし岡山白陵の内外野の守備陣が
カッコ良いサッカー選手と同じように胸を張りながら身体をテイして張って打球に仁王立ちしながら守ろうとしていた場合は、もらえるアウトもそれなりにあったと言えますから♪

>明日の決勝は
終始東邦高校がリードを奪ってという必勝パターン野球を繰り出して欲しいですね
私の現職のいつもの後輩同僚には気の毒な話ですが、今年のセンバツでは習志野高校の大会=センバツ初優勝は譲れません!!♪
選手だってその気なはずです
だからいかに優勝を遂げる野球を繰り出せるかですね

>最後に
倉敷南に拍手を送るパターンは、明日は見送るつもりなのです
今回は逃しても、またチャンスは巡って来ると思ってしまうところは私の場合、幼少の頃から三つ子の魂百まで同然な気持ちなので
 

レンタル掲示板
/214